文鳥たちとの暮らし

初めての一人暮らしを、文鳥たちと共に過ごしています。https://imhfy.hatenadiary.up/「いまここにいるんだね」

めい、待たせてたんだね

https://youtu.be/en45o-PngHw

‹2021年8月25日›   生後2ヶ月

 

f:id:imhfy:20221001150439j:image

‹2021/7/19›   生後1ヶ月

f:id:imhfy:20221001150942j:image

 

絵を描いていくとしても、くーだけが雛換羽前のものになる…

それならば、みんなの雛換羽前のものを描いてみようと思って実行中です。

 

最近は、思いついたことをしてることが多くなってます。

意味わからなくても、後でなるほどって思うことばかりだと気がついたからです。

 

やはりなのか

雛換羽前のめいを描いてて気がつきました。

 

めいって、こんなにもかわいらしかったんだと

めいは、くーのことで混乱の真っ只中に買ってきた赤ちゃんです。

きちんと向き合ってなかったです。

あまえんぼうのルナを上回るべったりで、必死のアピールに負けて、心ここに非ずでも触れ合う時間は多い方だったと思うけど

 

かわいすぎでしょ❤️

今は変な容姿ですが、

健康で元気だから、私救われてたんですね。

今からでもきちんと向き合う時間はあるのだから

後悔の上塗りをするとこでした…

 

しばらく幼い頃のめいを描いてみようかな

 

大切にしたいって思います。大切にさせてくれる時間があることがありがたいです。

それは、めいだけのことではないはず

 

くーのことで精神不安定の私は

「今いる文鳥に向き合って」と息子に言われました。

その意味が、今頃わかってきたかも

 

その時はそれどころでなくて、

今いる文鳥が

わさび、キッシュ、ルナ、てつ、ゆたか、アスカの6羽だったのに、どんどん増やしていって…

息子は何も言わなかったけど、

万一私に何かあれば、文鳥達を引き取る役目なのに

 

ペットロスから少しずつ立ち直ってきてるんだと思います。

 

 

 

 

 

子どもの頃みたいに遊んでいこう

子どもの頃、犬のぬいぐるみで遊ぶのが好きでした。

今は文鳥の絵で遊んでます。

どちらもひとりでも遊べますね。

今も昔も、拡張現実で遊んでたの?

空想に浸ってしまうことはないから、仮想現実では遊んでなかったの?

メタバースを考えるようになって、そんなことを思いました。


f:id:imhfy:20221001113315j:image


f:id:imhfy:20221001113329j:image

子どもの頃みたいに「ごっこ遊び」をしていこうって思いました。

めいとぶん😊

ルナとぶん😊

 

 

文鳥に興味のないめい

砂場にいるのはアロハ
f:id:imhfy:20221001113621j:image

f:id:imhfy:20221001113641j:image

もしかして、めいは自分のことを文鳥だと思ってないのかな?

仮想現実の世界にいるの?

 

 

こちらは自分を文鳥だとわかっているだろうキッシュです。
f:id:imhfy:20221001113906j:image


f:id:imhfy:20221001113918j:image

私は雌の白文鳥が好き

それなのに、白文鳥ばかりでもなく、なぜか雄ばかり

 

キッシュは希少な女の子です。

太ってるし、容姿端麗とは言えないけど、

キッシュは存在そのものが愛らしくて

 

なんで雌の白文鳥が好きなのか

白文鳥の姉妹のぶん達が大好きだからか

そうだったんだね

 

 

 

どうしろと?

ケージに戻す時、ケージの位置が気に入らないと駄々をこねる文鳥達😒

強制的に戻せるけど、できるだけ希望に沿いたい

 

「キッシュの近くがいい」とゆたか

ゆたかを移動させると、

「ゆたかの隣がいい」とニーム

ニームを移動させると、

「ニームの近くにして」ともも

「ぼくもニームの近く」とパーチ

😓

やれやれ

ひとつ動かすと、ここで終らない

 

アスカは、ゆたかとニームがお気に入りか

ケンカばかりだけど、それがアスカ

「アスカもあっちがいい」とケージに帰らないから、アスカをそちらに動かすと

 

キャンキャン大騒ぎのラテ

「アスカが遠くなってる~」

アロハもアスカが好きでキャンキャン鳴いてるけど、アロハは抵抗しない(できない)から我慢してもらう

ケージの隣は左右2ヵ所だから、どうしようもなくて…

 

キッシュの隣も大騒ぎ

ひとつはわさび

てつとゆたかで、あとひとつの攻防戦

 

この面倒なパズルから外れてるのは、

ルナとめい

誰の隣でも関係ないし、ルナやめいの隣を希望してる文鳥もいない

ルナとめいは文鳥達に相手にされてないのかな

本人達も興味ないみたいで、興味あるのは私のこと😅


f:id:imhfy:20220930173823j:image

 

 

すっきりが気持ちいい

f:id:imhfy:20220930162611j:image

全部ではないけど、大規模修繕のゴンドラ用の鉄柱やらワイヤーが撤去されました。

すっきりして気持ちがいいです。

 

少し気持ちが軽くなってる私は、髪もすっきりさせました。

 

ぶんの絵の次は、みんなの雛換羽前の幼い頃の絵を描いていこうと思ってます。

くーの絵を描くとしても、雛換羽前の絵になります。

くーだけ白っぽくて幼い…

そんなモヤモヤした気持ちがありました。

ふと、みんなの幼い時の絵を描こうと思いました。

モヤモヤがすっきりするかな


f:id:imhfy:20220930163640j:image

ラテを描いてみたけど、下手だなぁ😅

ラテの色はクレヨンにないよf:id:imhfy:20220930163811j:image

 

ルナは、絵に夢中の私が気になるみたいf:id:imhfy:20220930163726j:image

 

 

 

 

 

私、何してるんだろう

ある日突然絵を描き始めた私

f:id:imhfy:20220929203552j:image

こんなにあるけど、まあいいかって思えるものは少し

 

描けたことがうれしかった初めの頃の絵

f:id:imhfy:20220929205314j:image

結構上手く描けたと思ったてつ

クレヨンで描いてるから、変なところを修正するためハサミで切って貼って、そんなことをしてました。


f:id:imhfy:20220929205557j:image

これはももですが、白い画用紙に白文鳥!

背景に四苦八苦してました。

 

少しずつ工夫していきました。

f:id:imhfy:20220929210147j:image

f:id:imhfy:20220929210152j:image

てつとももです。

少しマシになってきたから、うれしかったです。

 

手乗り文鳥ですから、手は描いてましたが、変すぎて…

そのうち、写真を撮ればいいかと、文鳥だけ描いて切り抜くようになりました。

 

いまだに満足できる絵は描けてないけど、気にかかっているのは

くーの絵がほとんどないこと

 

絵を描き始めたのは、もう写真が増えることのないくーの絵を描きたいと思ったから

それなのに…

 

 

 

 

 

 

 

誰かな?

f:id:imhfy:20220929143337j:image

めい


f:id:imhfy:20220929143736j:image

ルナ

 

めいもルナも自ら近寄って来ました。

 

今日の私は絵に心が向いてました。

ヤキモチですか😄

 

ルナもめいも私の描いた絵だって理解してるのだろうか?

誰を描いたのかもわかってるのだろうか?

 

以前てつの絵を描いてた時、わさびが恐る恐る近寄って来て、私の手に乗ったまま、しばらくてつの絵を見てました。

そして、てつのケージに飛んで行って、てつを見てたことがあります。

わさびには、てつに見えたのかって思いました。

 

今日の絵はわからないでしょう

私にもわからないのだから

(3枚ほどガラケーにあった初代ぶんの写真、それを見ながら描きました)

 

くろ、生後5ヶ月です。

f:id:imhfy:20220928200056j:image

くろは、とってもきれいな女の子です。

キャンキャン鳴いてるけど、くろは誰が好きなんだろう?

チョコとキューのところにばかり行くけど、みんなでケンカしてるし、

誰もくろに優しくないです。

運動能力はナンバーワンです。

 

暑い日に遠くまで行って、予約済みのくろを買ってきたのは6月でした。

羽を切られてない、一人でエサを食べられるまで成長した文鳥は初めてでした。

赤ちゃんの文鳥以外はみんなクリッピングされてましたから、私はそれに慣れてしまって慎重さに欠けてました。

うちについて箱を開けたとたん!

家中すごい速さで飛んで、ぶつかって…

床に変な体勢でひっくり返っているのを捕まえて、慌ててケージに放り込んだら、ゆっくり横に倒れていって動かなくなりました。

初めて見ました。

恐怖のあまり、てんかんみたいなものだったのかな

お店に展示されてるような文鳥とは違って、手乗り文鳥として大切に育てられていただろうから、よりショックが大きかったと、今になって思います。

しばらくして動き出しましたが、次の日まで何も口にしなかったです。

私はどうしてよいのかわからなかったです。

体重が30グラムあったし、健康そのものでしたから、命の心配みたいなものはなかったけど

 

そんなくろは、ブリーダーさんの文鳥みたいな気がして、私の文鳥だって気がしなかったです。

くろには名前がついてました。迷ったけど名前を変えました。

しばらくは、「くろって誰よ?」だったかな

帰りたいと思ってたんじゃないかな

 

甘ったれの文鳥達の中で、よそよそしいくろは異質でした。預かってる文鳥みたいな気がしてました。

くろは他の文鳥達を見て、「変なの」って思ってたんじゃないかな

 

きかんぼうのツンデレわさびのことも「変なの」って思ってたかな

f:id:imhfy:20220928203602j:image

わさびも上手く描けなかったです。

後ろのキッシュにピントがあってピンボケなのがよかったかも